スマホでネットショッピングは楽天市場
 調査会社ニールセンがスマホユーザーの利用状況を調べたところ、
どの年代においても、ネットショッピングは楽天市場が第1位になったようです。

楽天市場では、年々スマホからの買い物の割合が増えているとのことで、
おそらく今は全体の3割以上スマホからのユーザーになっているのでは。

つまり、スマホユーザーの方に買い物をしてもらいたいのなら、
楽天市場へ出店するのが大切だと言えそうです。

私の知り合いに以前聞いてみたところ、
ネットショッピングをするときにどうやってお店を探すか聞くと、
検索で商品名+楽天市場で探すと言っていましたし。

それに、楽天市場なら安心して買えるという信頼感もあるようなんですよね。

それと、タブレット端末でのネットショッピングも増えているようですよね。

スマホの画面だと小さまて見づらいので、
テレビなどを見ていて紹介されている商品をネットで探すときに
iPadなどのタブレットで探すという人が増えているようです。

私の知り合いにauでスマホの機種変更したときに、
iPadを無料でもらえるというのでもらってきたそうで、
そのiPadを使ってみたのですが、
確かに、テレビや雑誌を見ていて、
その商品をネットで調べたいとき、
iPadなら電源を入れてさくっと調べられてとても便利なんですよね。

仕事でPCを使う必要がない人は、
自宅でネット閲覧をするときにPCよりiPadが便利なんだということを実感しました。

文字入力するときにキーボードの方が便利だという人もまだ多いと思いますが、
それでも手軽さに勝るタブレットが、
今後は家庭からのネット閲覧ツールとしてもっと広がっていくのでしょうね。

| ネットショップ開設・運営最新ニュース&コラム | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
スマホユーザーを取り込む
 2013年1月〜3月までの楽天市場の売り上げのうち、
スマホ経由での売り上げが38%にものぼったそうです。

ネットショップを独自サイトで運営されている方も、
ショップのホームページをスマホ対応にするのはもはや避けられない感じですね。

テレビや雑誌を見ながら買いたい商品があった場合、
いちいちPCを立ち上げで商品を探すのは面倒ですし、
スマホで探してその商品が見つかればそのまま購入という流れになりますからね。

それに、首都圏の方々など通勤時間が長い場合、
電車の中で暇つぶしにスマホでサイトを見て、
気になった商品があれば買い物をするという流れも想像できます。

ですので、スマホ用のサイトを作っていない場合、
こういうユーザーを逃してしまっているということになります。

スマホ対応のページを作るのは面倒だなと思うのは理解できますが、
約4割近くにもなっているスマホからのお客様をみすみす逃さないためにも、
スマホ対応ページをそろそろ作った方がよさそうです。

| ネットショップ開設・運営最新ニュース&コラム | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ネット販売の多通貨決済システム
 海外の方が日本のネットショップで購入する例が増えているのだからでしょうか、
商品購入の際に支払う代金を12通貨に対応して表示されるサービスが提供されるようです。

決済代行会社の「エキシンベイ」という会社が提供をはじめるようです。

海外の購入者さんが日本のネットショップで購入し、
クレジットカード決済をした場合、
購入した日とカード決済される日の為替相場が違い、
カード決済されるまで実際の金額が確定されないという不便さがあることから、
このサービスがはじまるようです。

このサービスだと、
商品価格表示がドル、ユーロ、人民元など12通貨で表示され、
その表示価格もその日の為替相場で表示され、
その価格でカード決済もされるということです。

人もモノも軽々と国境を越えて流通する今、
海外への展開をネットショップでと考えてもいいのかも知れませんね。
| ネットショップ開設・運営最新ニュース&コラム | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
北海道のうに通販ネットショップ
 インターネット通販の黎明期から積極的にネットショップを展開して、
地元の商品を全国に向けて販売を開始したのが北海道の方々でした。

北海道は海産物・水産加工品・農産物・農産加工品など
優れた食材が元々あった地域ですが、
それでも北海道の方々は他の地域のかたがたと比較して、
いち早くネットの可能性に賭けてネットショップを積極的に展開していたのを覚えています。

そして、彼らは、自社のネットショップを立ち上げるだけでなく、
早い段階で楽天市場やヤフーショッピングにも出店していましたし、
アフィリエイト広告出稿も積極的に行っています。

例えば、生うにをネットショッピングで通販をしているサイトを紹介しているサイト
⇒ http://xn--gckxdq21w0xt30d.com/

こちらのサイトに掲載されているのは北海道の業者さんだけです。

北海道のウニを販売しているネットショップを紹介しているからという理由もありますが、
積極的にアフィリエイト広告を利用しているのが北海道の業者さんが多いので、
アフィリエイターさんも、それじゃ北海道のウニの通販ショップ紹介のサイトを作ってみようということになるのです。

年末・年始などにバカ売れするカニの通販ショップを紹介しているサイトも、
サイトで紹介するネットショップはほぼ北海道のネットショップです。

カニは北海道以外でも獲れますし、
越前ガニは北海道ブランドに匹敵するブランドでありながら
ショップを紹介するサイトのあまり取り上げられないのは、
越前ガニを取り扱う業者さんでアフィリエイト出稿をしているところがあまりないからです。

地方から海産物や農産物をネット販売したいという方は、
このような北海道の業者さんのネットショップの展開の仕方や
集客の仕方を参考になさってみてはいかがでしょうか。

ところで、生うにですが、
利尻島や礼文島のエゾパフンウニは本当に美味しいです。
ウニが嫌いだったという人もこのバフンウニを食べるとウニ好きになるってしまうということもあるそうです。
今月から9月の中頃までが収穫時期だそうですので、
美味しいウニを食べてみたいという方はお取り寄せして食べてみると良いですよ。
⇒ http://xn--gckxdq21w0xt30d.com/

| ネットショップ紹介 | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
楽天市場出店では価格競争になるのか?
楽天市場への出店をするにあたって
競合店と価格競争になって結局のところ安売りとなり
商品が売れたとしても利益にならないのではないか、
という疑問を持たれている方がいると思います。

独自の商品であれば価格競争は避けられるのですが
電気製品など販売する商品が他店と同じ場合、
やはり価格競争をまぬがれないという面は確かにありそうです。

そのような疑問に対して、
楽天市場の担当者は以下のように答えていますので
ご参考になさってみてください。

--------------------------------------------

確かに一部商品に関しては、安売りとなっているのも事実ではあります。
ただ注意して見ていただきたいのは、安売りとなっている商品の近くにある商品です。
価格競争をしても利益は取れませんし、それのみでは企業様も疲弊してしまいます。

重要なのは、価格競争してアクセスを取る商品と、
利益を取る商品をしっかりと分けて訴求することなんですよね。

ドラッグストアの軒先には、安いナショナルブランドの商品が
多く並べられていますが、それを見て迷っていると店員さんに同じ効果の
安いプライベートブランドの商品を薦められますよね。

それと同じです。ようはフック商品にしているだけなんですよね。

--------------------------------------------------------

楽天市場への出店についてなどはこちらをご参考になさってみてください。


| ネットショップ開設・運営最新ニュース&コラム | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE