<< ありがちな失敗「送料設定」とは【楽天ニュースレターより】 | main | ネットショップ店舗ページ制作の落とし穴【楽天レターより】 >>
ネットショップ開店当初にやるべきこと、3つ【楽天ニュースレターより】
ネットショップを開店してまずやることの1つとして、
メールアドレスを集めてメルマガを発行するということがあげられます。

SEO対策をやって上位表示させたり
PPC広告を打っての検索エンジンからの集客も有効ですが、
これらの集客はプル型ですのでとにかく訪問者を待つしかありません。

一方、メルマガはプッシュ型と言われていて、
ネットショップ側からコンタクトを取ることができます。

以前に比べてメルマガの開封率が落ちているなど、
メルマガによる販売効果は落ちているとは言えいまだに
ネットショップ運営においては重要であることには変りありません。

楽天市場ではメルマガ発行にネットショップ運営の
6割〜7割の力を注ぎましょうと教えていますが、
それぼどメルマガによる集客&販売効果があるから言っている訳です。

私のネットショップ運営経験から述べますと、
アドレスが5000件集まった頃からぽつぽつと効果が出て、
10000件を越えた辺りから効果が目に見えてきました。

もちろん2万件、3万件とアドレスが集まれば、
メルマガを発行するたびに反応してもらえる購買者の数も増えます。
反応率は0.5%前後でしたので、とにかくアドレスが多く集まれば集まるほど、
メルマガ1度の発行での売上高は上がってきます。

メルマガ発行の効果などについて
先日楽天市場から配信されたニュースレターに
分かりやすく書かれていました。

転載したいと思いますので、
どうぞ参考になさってみてください。

▼以下抜粋です
------------------------------------------

開店当初にやるべきこと、3つについて
お話ししたいと思います。

1)来店者数アップ

何もしないと誰もお店に来ません。
漫然と商品登録していては、検索に引っかかるのも稀です。

ですから能動的にお客さんを集める必要があります。
最初にやると良いと言われているのが「プレゼント企画」。

応募者のメールアドレスを集めるんです。
そこにメルマガを出すんですね。

ある店舗様から下記のコメントを頂いています。

>まずはアドレス。とにかくアドレス。1万アドレス当たり100万売上
>固執しながらとにかく絶え間なくプレゼントの開催を継続すること。
>(中略)
>5万アドレスくらいまではとにかくアドレスに固執しました。

社内的なポリシーとか予算とかあると思いますが
人気店舗さんに聞いても「特に最初はガンガン集めた方がイイ」
との声が多数。少なくとも2万件は欲しいかな。。

私としては、プレゼント開催期間は1ヶ月程度がオススメ。

はじまると、毎日毎日ちょっとずつアドレスが貯まってきます。
うーんでも、大体1日200件くらいでしょうか?
2万件までは時間かかっちゃうんですよね。

が、ここで裏技。
同時期に、並行で沢山プレゼント開催すると効率的に集まります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

沢山プレゼント商品登録するんです。
微妙に時期をずらすのがミソですね。

プレゼント1弾 11/1〜11/30
プレゼント2弾 11/7〜12/6
プレゼント3弾 11/14〜11/13

といった感じで。

景品は、基本的に「自店舗の客層とマッチしていて」
なおかつ「沢山集まるもの」がいいと思います。

自分の打っている商品以外を景品にするケースも多いですよ。

私が昔担当していた防犯グッズのお店。

防犯グッズを景品にしても応募少なかったですが、
ティファニーのネックレスを景品にしたらお客が集まりました。

で、

若い女性を狙う犯罪が増えてます。そこでコレ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というメルマガを流したんですね。あれは結構売れましたね〜。。


2)営業力アップ!商品ページ作り込み

次に、どれかひとつ、
1番売れるだろう商品のページを作りこみましょう。
まず、突破口となる商品を1つ作るんです。

ランキング市場を見ましょう。
http://event.rakuten.co.jp/ranking/

売れる店の商品ページが沢山載っています。
生きた教材です。

ページが全然売れない状態だと、
いくら来店者数が増えても仕方ないですよね。

ラーメン屋さんを初めて経営する人が最初からお金はたいて、
家賃の高い新宿などの一等地に店出すと・・危ないですよね。

まずは営業力磨いてからメジャー進出が筋ですよね。

実は売上算出の方程式があります。

来店者数×買ってくれる率×購入単価=売上、です。

インターネットショップではコレを

アクセス数×転換率×客単価=売上

と呼んでいます。

転換率が低いとザルなんです。
アクセス数を注いでも何も残らない。
新人店長が新宿に店構えるのはまさにそういう状態。

プレゼント応募を集めつつ、商品ページを磨きましょう。
その後にメルマガを出すわけです。

で結果を見てまたページを磨く。また出す。

よくなってきたらその商品で広告をやりましょう。
つまりこれがラーメン屋さんの新宿進出ですね。

美味しいラーメン×新宿一等地=雑誌掲載→人気店

という方程式なのです!

実際、インターネットに限らず
通販ってコスト安い分、実店舗より広告ガンガンやれますからね。
マスコミ露出のチャンスも多いです。


3)ということで最後にメルマガです。

アドレスが2000件以上貯まったら試しにメルマガ出してみましょう。

すぐには効果がありません。じっくり取り組んでください。
2万件はないと、商売としての旨みは出てこないですね。

メルマガの書き方の方法論は本何冊か書けちゃうくらい
深いので、割愛します。

具体的な「やり方」ですが、楽天大学というところで、
深ーいノウハウも、しっかりご説明しております。
※初心者の方でも大丈夫です。


▼まずは、経験豊富な弊社スタッフにご相談頂けませんか? http://www.rakuten.ne.jp/gold/_sales/



| ネットショップ開設・運営最新ニュース&コラム | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shop-open.d-elephant.com/trackback/611097
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE