1)IBMホームページビルダーが一般的
ホーページ作成ソフトの選定と購買。

ネットショップ運営者自身がページ作成をしている場合、
HP作成ソフトとしてもっとも一般的に使用されているのが、
IBMの「ホームページビルダーです。
既存出店の方も多くの方々は「ホームページビルダー」を使用しているようです。

その理由として初心者に非常に使いやすく習得しやすいという点と、
(ワードのように使えます)

IT関係の講習会やPC教室でホームページ作成ソフトとして
「ホームページビルダー」を使用しているところが多い点が上げられます。

また使用率が高いということで、今後ホームページ作成を習得する過程で
分からないことがあり誰かに聞くという機会にも、
使用ソフトが同じ場合教える方も教えやすいという点もあります。

私も最初のホームページ作成ソフトは
「ホームページビルダー」を使いました。
非常に習得しやすかったです。
(今はプロユースのドリームウィーバーを使っています)。

以上の点から、個人的に「ホームページビルダー」を使用することをオススメします。

ですが、マイクロソフトのオフィスをお持ちで、それに「フロントページ」が付いている方は「フロントページ」を使われても構わないと思います。

また、将来的にホームページを本格的に作成するようになりたい、
という気持ちをお持ちの方は、
多少敷居が高いですが(価格的にも習得するにも)最初から
「ドリームウィーバー」を使うのも良いでしょう。

マックユーザーの方やアドビユーザーの方は「GoLive(ゴーライブ)」を使用するのも良いでしょう。

IBM ホームページ・ビルダーVer10

これ一つで作成したホームページのサーバーアップのFTPや
画像編集・加工も出来るので非常に使い勝手が良いです。
マイクロソフトのワードをお使いになった経験がある方は
画面構成も似ていることから特にとっつきやすいでしょう。

また「携帯サイト作成機能」もあり、QRコードも作れます。
携帯でのネットショップ展開を考えている方はこの機能は便利でしょう。

のた特別バージョンとして「ショップ開設機能」がついている
「IBMホームページ・ビルダー10 ネットショップ開業」もあります。

僕からの大切な注意点としてホームページ作成時に
「どこでも配置モード」は使用しないようにしてください。
ブラウザによっては「どこでも配置モード」で作るとページのレイアウトがめちゃくちゃに崩れて表示されます。

また「どこでも配置」を使うと自動生成されるタグが非常に多く、
SEO対策上の観点から見てもオススメできません。


●通常版IBMホームページビルダーはこちらです





●即使えるダウンロード通常版IBMホームページビルダーはこちらです





●ネットショップ開業版IBMホームページビルダーはこちらです
IBMホームページ・ビルダー10 ネットショップ開業






| 2.HP(ホームページ)作成ソフトを準備しよう | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
2)本格的派にはマクロメディア・ドリームウィーバー8 Dreamweaver8
ホーページ作成ソフトの選定と購買。

ネットショップ作成を機会に
これからホームページ作成を本格的にやりたい、
との希望を持っている方でしたら、
使い始めはちょっと難しいですが、
プロの方が使っているマクロメディア社の「ドリームウィーバー」
を最初から使っても良いかもしれません。

ちなみに僕はドリームウィーバーを使っています。

最初に使うホームページ作成ソフトとしては
かなりハードルが高いかもしれませんが、
どうせソフトを覚えなきゃいけないのだからと、
ドリームウィーバーで始めるのも良いでしょう。

他ページで紹介している画像編集ソフト「ファイヤーワークス」も
ドリームゥイーバーと同じマクロメディア社のソフトですから、
連動で使用するとホームページ作成がかなりスムーズになります。

既に「ホームページビルダー」などでホームページ作成をしていて、
さらなるステップアップをしたい、という方にもオススメです。

ネットショップ運営をされている方々でも、
ベテランの方になるとこのドリームウィーバーを使われている方が多いです。
多くの方は「ドリームウィーバー」と「ファイヤーワークス」を
連動させて使っています。

●ドリームウィーバー8(Dreamweaver 8) 日本語版[WIN/MAC両用]はこちらです






画像編集ソフトに「ファイヤーワークス」を使いたい方は
「ドリームウィーバー」やフラッシュ動画編集ソフト「FLASH」も
セットになっているホームページ作成総合パックセットの
スタジオ8(Macromedia Studio 8)をお求めになると良いでしょう。

●スタジオ8(Studio 8) 日本語版[WIN/MAC両用]はこちらです










| 2.HP(ホームページ)作成ソフトを準備しよう | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
3)アドビ(Adobe)のユーザーならゴーライブ(GoLive CS2)も選択肢に
ホーページ作成ソフトの選定と購買。

これからネットショップをはじめようという方で、
アドビのフォトショップやイラストレーターを現在使われている方は、
ホームページ作成ソフトもアドビのゴーライブ(GoLive)を選んでも良いでしょう。

同じアドビ製品ということで、
インターフェイスの共通点などもあり、
使いやすいのではないでしょうか。

またフォトショップやイラストレーターで制作した
写真やロゴやイラストなどの書き出しとホームページ作成ソフトとの
連動性・連携性も同じアドビですのでスムーズです。

●アドビゴーライブCS2(GoLive CS2)日本語版はこちらです









| 2.HP(ホームページ)作成ソフトを準備しよう | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
4)写真・画像加工編集ソフトは「ファイヤーワークス」
ホーページ作成ソフトの選定と購買。

売れるネットショップ作りに欠かせないものとして、
商品写真、キャッチコピー等の画像作成、ロゴ作成などがあります。

どんなに良い商品でも写真が貧弱だとその商品の良さは伝わりません。
カメラ撮影で多少光量不足であっても写真加工をほどこせば、
撮影時のミスを修正できます。

また商品ページのキャッチコピーもただテキストを拡大したり
色をつけたりしているものよりは、

画像でドカンとインパクトを与える方が
より見る人の目に飛び込んできます。

例えば楽天市場の売り上げランキングの上位にある
ネットショップや商品を見てください。
写真や画像が大変重要だということが分かると思います。

これからホームページ作成をしようとしている方にとって
どの画像編集加工ソフトがオススメかと言いますと、
マクロメディア社の「ファイヤーワークス」です。

アドビのフォトショップとイラストレーターを足して
2で割ったようなソフトでとても高機能です。

それでいて使いやすく高度な写真加工・画像加工などが
比較的容易にできます。

「ホームページビルダー」にも付属の画像加工・編集ソフトがありますが、
正直物足りなを感じるでしょう。

もし「ホームページビルダー」をホームページ作成ソフトとして選んでも、
画像編集加工ソフトとして「ファイヤーワークス」を是非準備されることを
お勧めいたします。






| 2.HP(ホームページ)作成ソフトを準備しよう | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE